風俗営業許可 奈良

風俗営業許可とは
 世間一般では、ソープランドやデリヘルといったものを連想される方が多いと思いますが、法律で定める風俗営業は、バー・スナック・料理店・キャバクラ・キャバレーといったものを指します。
 先に挙げましたソープランド等は性風俗特殊営業になります。

なお、無許可営業の場合には
風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(通称「風営適正化法」)の第49条には、許可を受けないで風俗営業を営んだ者や不正に許可を受けた者には、2年以下の懲役もしくは、二百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する、とあります。

許可の要件
風俗営業許可を取得するにあたり、3つの要件があります。
 人的要件、場所要件、構造要件
この3つの要件をすべてクリアしないと許可されません
  • 人的要件
     以下のいずれかに該当しないこと
     1.成年被後見人、被保佐人、破産者で復権を得ないもの
     2.1年以上の懲役もしくは禁錮刑に処せられ又は刑法のわいせつ・ 労働基準法・児童福祉法    等の罪を犯して1年未満の懲役もしくは罰金の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行     を受けることがなくなった日から起算して5年を経過しない者
     3.集団的に、又は常習的に暴力的不法行為その他の罪に当たる違法な行為を行うおそれがあると者
     4.アルコール・麻薬・大麻・あへん・覚せい剤の中毒者
     5.許可を取り消されてから5年を経過しない者
     6.営業に関し成年者と同一の能力を有しない未成年者
     7.法人の役員・法定代理人がこれらに該当する場合

  • 場所要件
    地域の制限には、用途制限と保護施設制限の2つがあります。
       
    奈良県の場合

    (用途制限)以下の地域では営業できません。
     第一種低層住居専用地域、第二種低層住居専用地域、
     第一種中高層住居専用地域、第二種中高層住居専用地域、
     第一種住居地域、第二種住居地域及び準住居地域
     ※ 一部例外地域はあります。

    (保護施設制限)
    ・学校教育法第1条に規定する学校
     小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、大学、高等専門学校、盲学校、聾学校、養護学校及び幼稚園
    ・図書館法第二条第一項に規定する図書館
    ・児童福祉法第三十九条に規定する保育所
    ・医療法第一条の五第一項に規定する病院及び同条第二項に
     規定する診療所のうち患者を入院させるための施設を有するもの
     ※1条の5 1項 → 病院・・・20人以上の入院施設
     ※1条の5 2項 → 診療所・・・19人以下の入院施設
       祭礼・習俗的行事等に関して一部例外があります。
       上記の保護施設が以下の地域内にある場合は営業できません。
       商業地域においては半径50m
       その他地域においては半径100m
  • 構造要件
    細かく規定されているので、詳細については個別にご相談ください
風俗営業許可 Q&A
  • 部屋の明かりを調節するスイッチがあるのですが・・・
    基本的に、奈良県の場合、現在は、調光器があると許可はおりません。    
    ※明かりを調節するスイッチを調光機、スライダックスと読んでいます。
  • ラウンジで、ついたてがあるのですが・・・
    1mを超えない高さのついたてなら大丈夫です。  
    風俗営業をする場合、客室には死角を作らないほうがいいです。
  • 風俗営業許可はどこでもとれますか?
    許可を取れる要件に満たした場所しかできません。  詳しくは、許可の要件をご覧ください。
  • 営業時間は何時までできますか?
    基本的には午前0時までです。  
    ただし、条例により一部の地域ではそれ以後も営業できる地域もあります。  
    奈良県内の場合、奈良市大宮町六丁目のみ午前1時まで営業可能です。
  • お店の改装をしたいのですが・・・
    新規許可の場合、基本的には申請時には工事が完了している必要があります。  
    ただし、新規許可の場合は例外的に申請と同時進行も許される場合があります。  
    その場合は工事が完了しないと、実地調査等が行われないので、通常処理機関を超える場合がありますのでご注意ください。  
    許可取得後の改装については、改装工事前に、変更承認申請が必要になる場合があります。
    (ただし、軽微な工事を除く)  
    着工前に変更承認申請をしなかった場合、許可取消になる可能性がありますので、勝手に軽微な工事と判断せず、必ず事前に、行政書士等の専門家に相談するか、各管轄警察署生活安全課に問い合わせするように、ご注意ください。
  • 外国籍なのですが許可はとれますか?
    特別永住者もしくは日本国籍を持つ人と結婚している等でないと厳しいです。
  • 子供に許可名義を譲りたいのですが・・・
    個人名義での許可の場合、相続でない限り、名義変更はできません。  父名義の廃業届と子供名義の新規許可申請をする必要があります。  法人化した場合も同様に、個人名義の廃業と法人名義の新規許可申請が必要です。